Case1:叢生 ※便宜抜歯(治療期間約2年)

治療期間

26か月

メンテナンス頻度

3~6か月に1回

治療内容

インビザラインフルを使用。上下顎第二小臼歯を便宜抜歯して空隙を確保し矯正を行った。

治療の注意点

便宜抜歯を行ったことにより、空隙を完全閉鎖しないリスクと臼歯部の咬合接触不良

症例写真


before

叢生症例before

after

叢生症例after

before

叢生症例before

after

叢生症例after

before

叢生症例before

after

叢生症例after

before

叢生症例before

after

叢生症例after

before

叢生症例before

after

叢生症例after

before

叢生症例レントゲンbefore

after

叢生症例レントゲンafter

before

叢生症例レントゲンbefore

after

叢生症例レントゲンafter

クリンチェック~正面観~

0:00
0:00

クリンチェック~側方面観~

0:00
0:00

クリンチェック~咬合面観~

0:00
0:00
年齢

27歳

性別

女性

治療内容

インビザラインフル

総治療期間

26か月

Case2:叢生 ※非抜歯(治療期間約2.5年)

治療期間

29か月

メンテナンス頻度

3~6か月に1回

治療内容

インビザラインフルを使用。便宜抜歯はせず、臼歯部の遠心移動とIPR(歯間削合)を併用。

治療の注意点

便宜抜歯を行ったことにより、空隙を完全閉鎖しないリスクと臼歯部の咬合接触不良

症例写真


before

叢生非抜歯症例before

after

叢生非抜歯症例after

before

叢生非抜歯症例before

after

叢生非抜歯症例after

before

叢生非抜歯症例before

after

叢生非抜歯症例after

before

叢生非抜歯症例before

after

叢生非抜歯症例after

before

叢生非抜歯症例before

after

叢生非抜歯症例after

before

叢生非抜歯症例レントゲンbefore

after

叢生非抜歯症例レントゲンafter

before

叢生非抜歯症例レントゲンbefore

after

叢生非抜歯症例レントゲンafter

クリンチェック~正面観~

0:00
0:00

クリンチェック~側方面観~

0:00
0:00

クリンチェック~咬合面観~

0:00
0:00
年齢

23歳

性別

女性

治療内容

インビザラインフル

総治療期間

29か月

Case3:開口(治療期間約2.5年)

治療期間

33か月

メンテナンス頻度

3~6か月に1回

治療内容

インビザラインフルを使用。臼歯部の圧下および前歯部の挺出を行い開口を改善。

治療の注意点

臼歯部の圧下および前歯部の挺出はアライナー矯正では一番不利な分野なので、アタッチメントをうまく設定することで不利な動きを改善。

症例写真


before

開口症例before

after

開口症例after

before

開口症例before

after

開口症例after

before

開口症例before

after

開口症例after

before

開口症例before

after

開口症例after

before

開口症例before

after

開口症例after